礼も過ぎれば無礼になる

読み方

れいもすぎればぶれいになる

礼も過ぎれば無礼になるの意味・解説

礼も過ぎれば無礼になるとは、礼儀を尽くすことも、度が過ぎればかえって失礼にあたるということ。

由来などの解説

礼儀正しいことは良いことだが、あまり度が過ぎた礼儀は相手のご機嫌や顔色を伺うだけになり、それは礼儀ではなくなっている。
過剰なご機嫌取りは礼儀とは言えず、かえって相手を不快にさせるという意。

例文

礼も過ぎれば無礼になるというだろ。何度も何度もお礼に行ったら相手も迷惑だ。

礼も過ぎれば無礼になるの類語・対義語

類義語

礼過ぐれば諂いとなる/慇懃無礼/慇懃尾籠/過ぎたるは猶及ばざるが如し/及ばぬは猶過ぎたるに勝れり/念の過ぐるは無念/分別過ぐれば愚に返る薬も過ぎれば毒となる/名の木も鼻につく

対義語

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

過ぎる無礼なる

同じ音から始まる語

TOP