後悔先に立たず

読み

こうかいさきにたたず

後悔先に立たずの意味

すでに終わったことを、いくら後で悔やんでも取り返しがつかないということ。

解説

すんでいることを後から後悔しても取り返しがつかないので、事前に十分注意しなさいという教え。

後悔先に立たずの追加情報

出典

注意

「立たず」を「建たず」と書くのは誤り。

類義語

後の悔い先に立たず/後悔先に立たず、提灯持ち後に立たず/後悔と槍持ちは先に立たず/先立たぬ悔い/後悔臍を噛む/憂え身に及びて後憂うるも及ばず/其の前を慎まずして其の後を悔ゆるは悔ゆと雖も及ぶ無し/羅網の鳥は高く飛ばざるを恨み、呑鉤の魚は飢えを忍ばざるを歎く/葬礼帰りの医者話/死んでからの医者話/遠慮なければ近憂あり備えあれば憂いなし転ばぬ先の杖濡れぬ先の傘

対義語

英語

Repentance comes too late.(後悔したときには手遅れ)

例文

後悔先に立たずだが、あの日あの飛行機に乗らなければと思うと、悔やんでも悔やみきれない思いだ。

後悔先に立たずの関連情報

分類

索引語

後悔立つ

関連リンク

TOP