風前の灯火

読み方

ふうぜんのともしび

風前の灯火の意味・解説

風前の灯火とは、目前に危機が迫り、今にも滅びそうなさま。今にも命が尽きようとしているたとえ。

由来などの解説

「風前」とは、風の当たる場所のこと。
風の吹き渡る場所にある灯は、いつ消えてもおかしくないことから、非常に心もとない状態や、はかない寿命のたとえにする。
「灯火」は「灯」や「燭」とも書く。

例文

危篤の知らせを聞いて着の身着のまま駆けつけたが、祖父はすでに意識もなく、もはや風前の灯火という状態だった。

注意

「空前の灯火」というのは誤り。

英語のことわざ

A candle flickering before the wind.(風前の灯火)

風前の灯火の類語・対義語

類義語

風の前の灯火/風中の灯/風前の塵/風前の灯燭/風口の蝋燭/風に瞬く灯火/風の前の塵/風の前の雲/風の前にささがにの糸をすがくが如し/命は風前の灯の如し/命は風中の灯の如し/火上の氷

対義語

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

風前灯火

同じ音から始まる語

TOP