英雄色を好む

読み

えいゆういろをこのむ

英雄色を好むの意味

英雄は何事にも精力旺盛であるから、女好きである傾向も強いということ。

英雄色を好むの解説

「色」とは、色事のこと。
歴史上の人物では豊臣秀吉やナポレオンなどが、しばしば例に挙げられる。
女遊びの激しい男性に対する非難や揶揄、自己弁護としても用いられる。

出典

注意

類義語

英傑色を好む/英雄色に迷う/英雄酒を好む/芝居好きは女好き

対義語

英語

Heroes are amorous.(英雄色を好む)
Who loves not wine,women and song he is a fool his whole life.(酒も女性も歌も好まない男は一生馬鹿げた人生を送る)

例文

あの社長には英雄色を好むという言葉がぴったりだ。

分類

索引語

英雄好む

TOP