乞食の正月

乞食の正月の解説

【読み方】
こじきのしょうがつ

【意味】
乞食の正月とは、着ている衣服のほかに、着替えを持っていないこと。

【注釈・由来】
乞食は着替えを持っておらず、正月でもいつもと同じ服装をしていることから。

【出典】

【例文】
いくらファッションに興味がなくても、乞食の正月と言われない程度に服は揃えておきなよ。

【注意】
1月20日(二十日正月)の別称を「乞食正月」と言うが、このことわざとは関係ない。

乞食の正月の関連語

【類義語】
着た切り雀北国の雷/北国の雷で北鳴り/褻にも晴れにも唯一枚/雛さんのべべで着たなりじゃ/堂島の立衆で北一枚じゃ/着のみ着のまま/着のまま/山椒の飯で木の実木の飯

【対義語】

【英語のことわざ】

【索引語】
乞食正月

【分類】
生活・暮らし > 外見・身なり

TOP