鍵の穴から天を覗く

鍵の穴から天を覗くの解説

【読み方】
かぎのあなからてんをのぞく

【意味】
鍵の穴から天を覗くとは、狭い見識で大きな問題についてあれこれ考えることのたとえ。

【注釈・由来】
小さな鍵穴から広大な天を覗いても、全体は見えないことから。

【出典】

【例文】
社運をかけたプロジェクトで、鍵の穴から天を覗いたような意見を出してほしくないね。

【注意】

鍵の穴から天を覗くの関連語

【類義語】
針の穴から天を覗く/針の溝から天を覗く/針のみみずから天を覗く/管を以て天を窺う/葦の髄から天井を覗く/竹の管から天を覗く/火吹き竹の穴から天覗く/貝殻で海を測る井の中の蛙大海を知らず

【対義語】

【英語のことわざ】
・To have a narrow view of things.(狭い了見を持つ)

【索引語】
覗く

【分類】
学問・才能・能力 > 無知・無理解

TOP