歩く足には棒当たる

歩く足には棒当たるの解説

【読み方】
あるくあしにはぼうあたる

【意味】
歩く足には棒当たるとは、どんなことでも物事を行えば、わずらわしいことが起きたり、面倒な関わりを持たなければならなくなる。

【注釈・由来】
外に一歩踏み出せば、足に棒が当たるなど、何かしらの障害が伴うものであることから。
何もせずにいるほうがいいという意味でも、何事も少々の災難はつきものだという意味でも用いる。

【出典】

【例文】

【注意】

歩く足には棒当たるの関連語

【類義語】
歩く足には塵がつく歩く足には泥がつく歩めば土つく犬も歩けば棒に当たる

【対義語】

【英語のことわざ】

【索引語】
歩く当たる

【分類】
人生・社会 > 不運・災難・凶事

TOP