一念天に通ず

読み

いちねんてんにつうず

一念天に通ずの意味

物事をなしとげようとする強い信念があれば、その心は天に通じ、必ず成就するということ。

一念天に通ずの解説

「一念」は、一途に思いを込めること。決意。

出典

注意

類義語

蟻の思いも天に届く/蚤の息さえ天に昇る/虫の息が天へ届く/蟇の息さえ天に昇る/蝦蟇の息天に昇る/農民の息が天に昇る/百姓の息が天に昇る/信仰は山をも動かす/一念岩をも通す思う念力岩をも通す石に立つ矢/志ある者は事ついに成る/精神一到何事か成らざらん為せば成る、為さねば成らぬ何事も

対義語

英語

Care and diligence bring luck.(専心と勤勉は幸運をもたらす)

例文

一念天に通ずで、彼女は難しい偉業をなしとげた。

分類

索引語

一念通ずる

TOP