金石の交わり

読み方

きんせきのまじわり

金石の交わりの意味

友情のきわめて堅く結ばれていること。また、いつまでも変わらない交際のたとえ。

由来などの解説

金属も石も堅く、容易に割れるものではないことから、「金石」はきわめて堅く、永久に変わらないもののたとえ。
『漢書・韓信伝』に「今足下は漢王と金石の交わりを為すといえども、然れども終には漢王の擒とする所と為らん」とある。

例文

彼とは生涯にわたり、金石の交わりといえる関係であった。

金石の交わりの追加情報

出典

『漢書』

注意

「金鉄の交わり」というのは誤り。

類義語

金石の契り/金石の交/断金の交わり/断金の契り/断琴の交わり/金蘭の契り/刎頸の交わり/刎頸の友/刎頸の朋友/莫逆の友/莫逆の交わり/管鮑の交わり/雷陳膠漆/膠漆の交わり/水魚の交わり魚と水/心腹の友/知音

金石の交わりの分類やキーワードから他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

金石交わり

TOP