断金の交わり

断金の交わりの解説

【読み方】
だんきんのまじわり

【意味】
断金の交わりとは、きわめて固い友情で結ばれていること。非常に親しい交わりのこと。

【注釈・由来】
二人が心を合わせたら、金をも切断するほど固く結ばれた友情の意味から。
『易経』に「二人心を同じくすれば、其の利きこと金を断つ(二人が心を一つにすれば、その鋭さは金をも断ち切るほど)」とある。

【出典】
『易経』

【例文】
彼らは幼少時代から、死ぬまでずっと断金の交わりを続けた。

【注意】

断金の交わりの関連語

【類義語】
断金の契り/断琴の交わり金石の交わり/金蘭の契り/刎頸の交わり/刎頸の友/刎頸の朋友/莫逆の友/莫逆の交わり/管鮑の交わり/雷陳膠漆/膠漆の交わり/水魚の交わり魚と水/心腹の友/知音

【対義語】

【英語のことわざ】

【索引語】
断金交わり

【分類】
人間関係 > 友人・仲間・付き合い

TOP