あの声で蜥蜴食らうか時鳥

読み

あのこえでとかげくらうかほととぎす

あの声で蜥蜴食らうか時鳥の意味

人やものは見かけによらないもので、外見と中身が異なり驚かされることのたとえ。

あの声で蜥蜴食らうか時鳥の解説

江戸時代の俳人、榎本其角の句から。
美しく、はかない声で鳴くホトトギスが、トカゲを捕らえて食うことに驚かされる意味。

出典

注意

類義語

蛇食うと聞けば恐ろし雉子の声/外面如菩薩内心如夜叉/美人というも皮一重/人は見かけによらぬもの

対義語

鬼面仏心

英語

You can’t judge a book by its cover.(表紙で本の中身を判断することは出来ない)

例文

まさか彼女が傷害事件を起こすだなんて、まさにあの声で蜥蜴食らうか時鳥だよ。

分類

索引語

あの蜥蜴食らう時鳥

TOP