塗炭の苦しみ

読み

とたんのくるしみ

塗炭の苦しみの意味

耐え難い苦しみ、ひどい苦痛のたとえ。

解説

「塗」は泥、「炭」は炭火のことで、「塗炭」は泥にまみれ火に焼かれるような境遇を意味する。
『書経』に「有夏昏徳にして民塗炭に墜つ(夏の傑王は、不徳の暴君だったので、人民は泥にまみれ」火に焼かれるような苦しみに陥った)」とある。

塗炭の苦しみの追加情報

出典

『書経』

注意

「途端の苦しみ」と書くのは誤り。

類義語

塗炭に墜つ/水火の苦しみ/四苦八苦

対義語

英語

Fret like a frog under a harrow.(砕土機の下になった蛙のように悩む)

例文

国が膨大な借金を背負ったおかげで、人々は塗炭の苦しみを味わうこととなった。

塗炭の苦しみの関連情報

分類

索引語

塗炭苦しみ

関連リンク

TOP