四知

読み方

しち

四知の意味・解説

四知とは、誰も知らないと思っていても、悪事や不正は必ず発覚するものだということ。

由来などの解説

後漢の楊震が賄賂を渡されそうになった時、「天知り、地知り、我知り、子(相手)知る」と答えて断ったという故事に由来する。

出典

『後漢書』

例文

四知という言葉があるだろう。いつか必ず暴かれるぞ。

英語のことわざ

The day has eyes, the night has ears.(昼に目あり夜に耳あり)

四知の類語・対義語

類義語

楊震の四知/天知る地知る我知る人知る/天知る地知る我知る子知る/天知る神知る我知る子知る/天道物言い地形事を聴く/天網恢恢疎にして漏らさず/神は見通し/天道様はお見通し

対義語

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

同じ音から始まる語

TOP