金時の火事見舞い

読み

きんときのかじみまい

金時の火事見舞いの意味

真っ赤になった顔のたとえ。特に、飲酒で赤くなった顔をいう。

解説

「金時」とは、源頼光の四天王の一人である坂田金時(公時)のこと。
顔の赤い金時が火事見舞いに行けば、炎の熱気でますます顔が赤くなることから。
金時の幼名は「金太郎」で、昔話『金太郎』のモデルになった人物といわれる。

金時の火事見舞いの追加情報

出典

注意

類義語

猿の火事見舞い/猿の花見/金時の醤油煮き/金時が酒に酔ったよう/金時の棒ねじり

対義語

英語

例文

酒に弱い彼女の顔は、金時の火事見舞いのようだった。

金時の火事見舞いの関連情報

分類

索引語

金時火事見舞い火事見舞い

TOP