同舟相救う

読み方

どうしゅうあいすくう

同舟相救うの意味・解説

同舟相救うとは、たとえ敵同士でも見ず知らずの者同士であっても、危険にさらされれば互いに助け合うものだということ。

由来などの解説

同じ舟に乗り合わせていれば、危機が迫ったときには相手が誰であれ、力を合わせて助け合うことから。
『孫子・九地』に「其の舟を同じくして済りて風に遭うに当たれば、その相救うや左右の手の如し(同じ舟に乗って川を渡っているときに、大風が吹いて舟が転覆しそうになれば、互いが左右の手のように動いて助け合った)」とある。

出典

『孫子』

例文

同舟相救うで、いざとなったらライバル会社との提携も視野に入れよう。

英語のことわざ

while the thunder lasted, two bad men were friends.(雷が鳴っている間は、二人の悪人どもは友人であった)
Woes unite foes.(災いは敵同士を団結させる)

同舟相救うの類語・対義語

類義語

呉越同舟/楚越同舟/同舟共済/敵に塩を送る

対義語

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

同舟救う

同じ音から始まる語

TOP