唯我独尊

唯我独尊の解説

【読み方】
ゆいがどくそん

【意味】
唯我独尊とは、この世に個として存在する「我」より尊い存在はないということで、人間の尊厳を表した言葉。転じて、この世に自分より優れたものなどないという思い上がり。

【注釈・由来】
天上天下唯我独尊」の略。
釈迦が誕生したとき、四方に七歩ずつ歩き、一方の手で天を、一方の手で地を指して唱えたという「長阿含経」の話に由来する。
「我」は釈迦本人の意ではなく、個々人であるとする。それぞれの存在が尊いものであるということ。

【出典】
『長阿含経』

【例文】
・誰がなんと言おうと、唯我独尊だ。私は自分だけを信じる。
・彼の唯我独尊な態度にうんざりしている。
・唯我独尊な人でなければカリスマにはなれない。

【注意】

唯我独尊の関連語

【類義語】
天上天下唯我独尊遼東の豕夜郎自大井の中の蛙大海を知らず

【対義語】

【英語のことわざ】

【索引語】
独尊

【分類】
評価・評判 > 唯一
感情・心理 > 自信

TOP