下衆の勘繰り

読み

げすのかんぐり

下衆の勘繰りの意味

心の卑しい者は、とかくひがみっぽくて邪推をしたがるものだというたとえ。

解説

「下衆」とは、品性の下劣な人のことで、「下種」「下司」とも書く。
「勘繰り」とは、他人の心意を悪意と疑ってかかること。

下衆の勘繰りの追加情報

出典

注意

類義語

鬱金の鉢巻き/聞かずの横耳/女の回り気

対義語

英語

例文

君のことを思って誠実にやったのに、下衆の勘繰りはやめてくれ。

下衆の勘繰りの関連情報

分類

索引語

下衆勘繰り

TOP