断腸の思い

読み

だんちょうのおもい

断腸の思いの意味

はらわたがちぎれるほどの、辛く悲しい思いのたとえ。

解説

「断腸」は、はらわたを断ち切ること。
きわめて深い悲しみを形容することばとなったのは、『世説新語・黜免』にある以下の故事に由来する。

晋の武将桓温が船で蜀に攻め入ろうとして三峡を渡ったとき、その従者が猿の子を捕らえて船に乗せた。
母親の猿は泣き悲しみ、が連れ去られた子猿の後を百余里あまりも追ったが、ついに母猿は船に飛び移ったが、そのままもだえ死んでしまった。
母猿のはらわたを割いてみると、腸がずたずたにちぎれていた。

断腸の思いの追加情報

出典

『世説新語』

注意

類義語

断腸の念/断腸/母猿断腸/九回の腸/九腸寸断/心腸寸断

対義語

英語

To eat one’s heart out.(心臓を食べる)

例文

断腸の思いで、希望退職を募ることにした。

断腸の思いの関連情報

分類

索引語

思い

関連リンク

TOP