猫に鰹節

猫に鰹節の解説

【読み方】
ねこにかつおぶし

【意味】
猫に鰹節とは、油断できない状況を招くこと。また、危険な状況にあることのたとえ。

【注釈・由来】
猫のそばに好物の鰹節をそばに置くと、すぐに食べられてしまうことから。
そばに鰹節があれば、猫が食べてしまうのは当然のことなので、批判の対象は「猫」ではなく、油断できない状況、危険な状況を作った、不用心な人に対して向けられている。
「猫にかつぶし」ともいう。

【出典】

【例文】
・テーブルの上にケーキを置いたまま子供に留守番をさせるなんて、猫に鰹節というものだよ。
・海外拠点のセキュリティ管理は、猫に鰹節を預けるようなものでしょう。
・旅行中の写真をSNSに投稿するのは猫に鰹節で、今すぐ空き巣に入ってくださいと言ってるようなものだ。

【注意】
予想外の幸運の意味で用いるのは誤り。
誤用例 「こんなところで欲しかった物が見つかるなんて、猫に鰹節のようだ」

猫に鰹節の関連語

【類義語】
猫に鰹/猫に鰹の番/猫に鰹節を預ける/猫に乾鮭/猫に乾鰹/猫に生鰯/猫に魚の番/猫の鼻に魚/猫の鼻に鰹節/猫の額に鰹節/猫の額に生鰯/鰹節を猫に預ける/魚を猫に預ける/魚の番に猫/犬に肴の番/犬の前の炊し米/狐に小豆飯/金魚に孑孑/道楽息子に金の番/盗人に蔵の番/盗人に鍵を預ける/焼き鼠に狐/餓狼の庖厨を守る如し

【対義語】

【英語のことわざ】
・He sets the wolf to guard the sheep.(羊の番に狼)

【索引語】
鰹節

【分類】
感情・心理 > 油断する
状態・程度 > 危ない

TOP