泣く子は育つ

泣く子は育つの解説

【読み方】
なくこはそだつ

【意味】
泣く子は育つとは、大きな声でよく泣く赤ん坊は元気である証拠だから、丈夫に育つということ。

【注釈・由来】
よく泣くことで空腹を感じるため食欲も旺盛になり、疲れてよく眠るようになることから、よく泣く子はよく育つといわれている。

【出典】

【例文】
泣く子は育つものだから、あまり神経質にならないほうが良い。無理に泣きやませようとしないで、少し泣かせておいたらどうだい?

【注意】

泣く子は育つの関連語

【類義語】
赤子は泣き泣き育つ/赤子は泣きながら育つ/泣く子は食い勝つ/泣く子は太る働けば身になる/赤子が泣くのは親孝行/泣く子は利口/泣く子は頭堅し/寝る子は育つ/屁を放る子は育つ

【対義語】

【英語のことわざ】

【索引語】
泣く育つ

【分類】
生活・暮らし > 健康

TOP